読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前原土武(トム吉)の災害支援活動ブログ パート2

日本各地で起こる自然災害の復旧・復興の姿を綴るブログ

熊本地震の支援活動「1月28日」

2016.4熊本地震

西原村「現場」

DSCN9819 DSCN9824 

朝から地元の有志の依頼で手伝って欲しいとのコトで現場に向かったのだが、他の団体なども来ており、作業内容に対して手が足りているいる為、帰路につく私。

 朝から綺麗な朝焼けを見させてもらい感謝。

 

西原村「もやいハウス」 

DSCN9831 DSCN9832 

 本日は土曜日という事もあり、朝から沢山の方々の顔を見る事が出来ました。

月を追うごとに広がっている支援の輪を感じながらも、合わせる気持ちも見え隠れしてきます。

 

西原村「現場」 

DSCN9834 DSCN9835  DSCN9845 

 今週から外壁の部分に入り、日々変化を感じる現場になってきています。

本日は水が出る所までが目標です。それにしても毎週の様に参加してくれる福岡の同級生はありがたい存在です。

 

西原村「もやいハウス(新拠点)」

DSCN9840 DSCN9841 DSCN9833 DSCN9843 DSCN9844 

 また昨日お願いをして地元の元左官屋に来てもらい、新拠点の基礎作りを行いました。 

 岐阜から参加してくれた田さんも交えて、あーでもない、こーでもないと朝からみんなで一生懸命やってもらっています。

 その横で「菊池市災害支援ネットワーク」のメンバーも靴箱作りの真っ最中。感謝。

 

西原村「現場」 

DSCN9846 DSCN9847  DSCN9849 

 それにしても専門家がいるといろんな事に対応出来るのがすごい。

午前中でどうにか排水作業を行ってくれていました。 何より学べることが多いのはいい。

 

西原村「もやいハウス(新拠点)」 

DSCN9850 DSCN9851 DSCN9854 

 新拠点の方も続々変化中。

お昼まで作戦会議が長かったけれど、それはあったばかりのメンバーだけに仕方ない事で、それが結果いいものを作る土台になるのだと思います。

 

西原村「もやいハウス」 

DSCN9857 DSCN9858 

 お昼には一度「もやいハウス」に戻り、チーム同級生の差し入れのカレーを食べるメンバー達。

 支援活動の中での出会いは大切でこれも大事な活動の時間だと思います。

 

西原村「もやいハウス(新拠点)」 

DSCN9859 DSCN9861 DSCN9862 DSCN9864 DSCN9866 

 午後にはどんどん動き出した拠点作り。

午前中のあーでもない、こーでもないがここにきて形になり始めています。

 

西原村「現場」 

DSCN9871 DSCN9894 

 お風呂作りのチームも最終的は水が出て、一面の壁は板が張られる完成になりました。

 

西原村「もやいハウス」

DSCN9872 DSCN9874 DSCN9875 DSCN9880 DSCN9881 DSCN9884 DSCN9886 DSCN9888 DSCN9889 

 夕方前には熊本市内の子育て施設の子供たちが「もやいハウス」に来てくれました。

暖房器具を始め食料、物資などをお渡しさせてもらいました。 街中でなかなか遊ぶ環境がないらしく、西原村の景色や環境が楽しそうなのが印象的です。

 常総市から頂いた大豆。茨城米の物資米、絨毯、バンボを始めT-rexの商品など企業からの物資もお渡しする事が出来ました。

    

◇熊本での災害支援活動の様子

  災害NGO結のHP→こちら(http://ngoyui.com/archives/1138
  災害NGO結のFacebookこちら
  地域コミュニティ支援プロジェクトのFacebookこちら

  もやいハウスのFacebook→こちら(https://www.facebook.com/moyaihouse