前原土武(トム吉)の災害支援活動ブログ パート2

日本各地で起こる自然災害の復旧・復興の姿を綴るブログ

2019年九州北部の先遣@福岡

20190830121201

 朝から朝倉~広川~八女~筑後~久留米と社協を訪れて、被害の状況や現地の様子を見ながらお話を聞かせてもらいました。 

 社協の建物自体が被災してしまったり、二年連続で浸水被害を受けたりと地域によって課題はありますが、どうにか対応している様子でした。

 また週末に災害ボランティアセンターを立ち上げ対応する市町村もあれば、通常のボランティアセンターで対応する市町村もあり、地域によりまちまちです。

 ただ言える事は、一般のボランティアでは対応出来ない床下案件や壁の問題なども抱えており、技術系の支援は必要な環境はありますが、福岡県内の支援団体を見てもそういった支援者はおらず、対応が厳しいのが現状だと思います。

 二年前に被災した朝倉市では、今も継続的に支援を行っている杷木ベースを中心に福岡県内を応援出来ないかと考えています。

 

tom

2019年九州北部の先遣@佐賀

20190829070823 20190829073434 20190829074106 20190829092652 20190829093008

 福岡県内のSAで車中泊で仮眠を取り、明るくなる時間帯を狙い、佐賀県武雄市に入りました。

 高速道路が行けるギリギリ進み、降りると周りには被災地が広がっていました。発災から24時間も経っていない状態だけに水も引いていない地域もあり、被災した車両が道をふさいでいたり、住民同士で片付けを始めていたりしていました。また、国道34号線沿いの地域が被災しており、広範囲で被災というよりも縦長に被災している地域が広がっているという印象でした。よって、災害ゴミの問題やボランティアセンターからの移動などの問題が生まれる様に思えます。

 

20190829095117 20190829103536 20190829103956 20190829104349 20190829105347 20190829110002 20190829110302 20190829110900 20190829111610 20190829111921 20190829112230 20190829112541 20190829112728 20190829115147 20190829152557

 また、武雄市の隣にある大町町に足を運ぶとTVでも話題になっていた油の流出した地域があります。自衛隊、消防といった公的な機関の方々が孤立した病院の対応に追われながらも油回収の対応を行っていました。 武雄市と比べ被害件数が三分の二ほどの被害と見立てましたが、町という事もあり、行政対応、財政難など長期戦になると厳しい状況がうかがえました。

 

2019090223495920190829212502

 

 途中、佐賀のメンバー、大分、福岡など九州のメンバーと合流し手分けして避難所を回り、状況把握を行い、夕方から行われるSPF(佐賀プラットフォーム)主催の情報共有会議に出席し、各地の被害状況を共有したりした一日でした。

 佐賀県全体を把握していない中で、簡単な事は言えませんが、今回の水害は色々な方の情報を聞きながら、見立てをすると、油の問題と炭鉱跡地の土砂崩れの住民の長期的避難の可能性を抱えている大町町の課題と武雄市の被害300件以上の床上浸水被害。その近郊でも浸水被害が数か所起きているという課題が見てきました。

 まだまだ全貌が見えていない状態で判断する事ではありませんが、一般のボランティアセンターにプラス技術系(大工系)ボランティアの存在が必要な災害と考えています。

 

明日は、福岡でも数か所浸水被害を受けている事もあり、佐賀県が気にはなりますが、八女市を始め久留米市などに足を延ばしてきたいと思います。

 

tom 

 

佐賀に向けて!

20190828150505

”今年の仕事着”

20190903000016

”秋雨前線の影響で九州北部が。。。” 20190903000232

”もしもの為に準備開始”

 

 昨日から気にかけていた梅雨前線の影響で九州北部にまとまった雨が降っています。

今朝から色々な方から連絡があり、情報収集を行いながら、拠点で事務作業をおこなったり、いざという時のことを考え資機材の準備を開始。

20190902235848

佐賀県で浸水被害発生”

20190902235911

”夕方に出発”

20190902235930

”翌朝佐賀に入る予定で仮眠”

20190903000314

”28日の明け方も大雨”

 昼過ぎに浸水被害の情報が入った事もあり、準備を済ませ九州へ移動開始。

今年の5月に滋賀県に拠点を設けて、被災地への先遣として4回目の出動。逆算してら夜中に到着予定の為、九州に入ったところで仮眠を取る事にしました。

 2012年の九州北部豪雨で九州の災害に関わる様になり、これで4回目の九州での災害対応。 被害が拡大しない事を願いながら、明日から走りまわりながら情報収集に努めたいと思います。

 

tom

平時から顔の見える関係作り!

20190826083801

”いつみても。。。”

20190826103529

内閣府主催の研修”

20190826143240

”熱いWS”

 本日はJVOADとして内閣府主催の研修の為、奈良県に行ってきました。

ここ数年、被災地では行政、社協NPOによる三者連携の重要性を感じる事が多くあります。二年前の九州北部豪雨の後には、内閣府から三者連携を進める書類などを出したり、一年に数回都道府県に出向き研修を行うようになっています。

 奈良県の行政、社協NPOや市民団体や企業など、過去の事例では昨年の岡山県真備の事例報告があり、午後にはWSなどあったりと濃密な研修になりました。

 

20190826184655

”きれいな夕日”

 研修終わりの懇親会にも出席し、リラックスした中で色々なお話をさせてもらい、解散。

 4日ぶりに拠点に戻ってきたのですが、秋雨前線の様子が気になります。

 

tom

メッセージの伝え方!

20190825071541

”電車で和歌山へ”

 

本日は一日お休みという事にして、大阪から和歌山に足を運び、仲間たちが企画しているゴジラの上映会イベントにお手伝いしてきました。

 

20190825204316

”沢山のゴジラがお出迎え”

20190825204309

”来場者の為の資料準備”

 

 先日台風の雨が気になり、和歌山に足を運んだ際にお世話になった和歌山メンバーから、聞いていたこともあり、時間があれば参加する約束をしていたので、朝早くから和歌山入りして、会場の設営などの準備からお邪魔しました。それにしてもこんだけゴジラにかかるグッツを置くだけでもちょっとわくわくします。

 

20190825102826

”午前中の部は情列が出来ました”

20190825145609

”宝田さんと伊藤さんの平和の関してのトーク 

20190825160622

”スタッフでみんなでハイ!チーズ!”

 

映画のストーリは、水爆実験を行った事で生まれたゴジラという怪獣が、本土に上陸し破壊を繰り広げ、自衛隊が対応するも歯が立たずどうしようもない状態の中、科学者が発明した新しい兵器でゴジラを海に沈めるといった内容になっていた。

 戦時中に原子爆弾で大きな被害を受けた日本として、水爆実験を繰り返す各国にゴジラを通してメッセージを載せた映画になっており、映画の締めでは「水爆実験を繰り返せば第二の第三のゴジラが生まれる」とストレートに投げかけているシーンが印象的でした。 

 また核実験で生まれたゴジラを人間の勝手な都合で、攻撃し追いやろうとしたり、新兵器で殺してしまうところなど、人間の傲慢さを感じさせるストーリにもなっていました。

以前から色々と戦争の事を考えていたが、改めて戦争とは、国同士の戦いであり、軍と軍とで戦うのだけではなく、その国民の巻き込まれていき、今の当たり前の生活や日々が失われていく事、当たり前に発言出来ている事が発言出来なくなっていく事なのかしれない。だからこそ、平和である事を努力して続けていかないといけないのだと改めて思いました。

 

 今回、ゴジラという映画をみながら、ストレートに物事を伝える事も大切な事だが、あえて何かを通してメッセージを届ける事で、興味を持つ方が色々増えるのだと改めて感じました。災害支援、防災の観点でも同じ事が言えると思います。これから、もっと表現方法やイベント、WSなど色々な方法を使いメッセージを届けていきたいと思います。 

 

tom

 

定期的な上京!

20190824180237

”定期的な上京”

月に数回、定期的に会議や打ち合わせの為、東京に来ています。

今年の5月からJVOADと業務提携をして、ネットワーク構築の為や発災直後の初動の為の仕組みなど、団体の垣根を越え研修やシステム作りの為のアイデアだしなどを行っています。

 

20190825073837

”団体の垣根を越え打ち合わせ”

 

本日も情報に関して収集と発信、共有する為のシステムの為に、現場レベルでは何が必要で、どのようなものがあった方がいいのか、ITに強い団体を交えて約3時間にもわたり話し合う午後でした。

 

20190824201623

”新幹線での移動”

 

 これまで被災地に拠点を設け、次から次へと移動しながら活動を続けてきた私ですが、5月に滋賀県に拠点を置いたことで東京が近くなっています。新幹線や夜行バスなどを使い、定期的に東京に足を運び、団体や企業と顔を合わせて関係性を強化していく事が、今後の活動につながると思っています。 本日は大阪まで南下して、明日は災害系ではありませんが、和歌山に足を運ぶつもりです。 

 

tom

見た目より中身が大事!

20190823101509

静岡県社会福祉協議会で行われた訓練”

20190823083151

”情報収集する為に打ち合わせ”

 

 本日は朝から静岡県社協で行われた災害ボランティアセンターの立ち上げ訓練を外部支援者(JVOAD)として参加してきました。 

 熊本地震が起きる数ヵ月前に行われた静岡県域で行われる「図上訓練」に参加したことにより、市町村単位で被災地を視る視点から県域、広範囲で被災地を視る視点を持つことの重要性を気付かせてもらった事もあり、静岡県での訓練にはいろいろと思い入れがあります。

 今回も色々な事に気付かせてもらい、最後に少しだけお話させてもらいましたが、改めて静岡県の防災意識の高さを感じました。

 

20190823233327

”夜中でも明るい上野駅

20190823233338

上野駅周辺”

 

 訓練は午前中に終わり、午後からはJVOADのスタッフと先日の作業の続きを行い、明日東京で打ち合わせがある為、夕方から東京へ移動。

 ホテルでちょっとした仕事をしながら、夜は食事の為に駅前に出て、一人ぶらぶらするわたし。 東京に来た時はこれと言って用事がない限り一人だとどこかに行くこともない。 食事がてら駅前に足を運んで、ふっと思ったんだけど、0時近い夜中にこんなにもにぎやかな街っていうのも、日本くらいなんじゃないかな?アジアなど屋台文化があるので、にぎやかな場所は多いければ、こうして工事などしているのは、来年のオリンピックの準備なのだろうか?

 また、そんな駅の周りで歩いていたら路上生活者が目についた。東京や大阪など大都市を歩くと目に飛び込んで来る事も多いが、夏の暑い時期はどうやって乗り越えているのだろうか?と率直に疑問がわいてきた。来年の夏、オリンピックで沢山の外国人が来日するであろう日本。 その時、路上生活者の方々は現在の様に路上で生活出来るのだろうか?政府などからどこかに移動させられるのだろうか? サミットやオリンピックなど国際的なイベントに向けてお金を使いきれいに見せかける事が多い日本の社会。時々、そういった社会の動きを感じる事があり、ふっと張りぼてんのような社会だなっと思える事がある。 

 一時の見た目綺麗さよりも普段から中身が優しい社会でありたいと思う。人もミカンも社会も見た目よりの中身が大事だと思う。

 

tom