前原土武(トム吉)の災害支援活動ブログ パート2

日本各地で起こる自然災害の復旧・復興の姿を綴るブログ

(7月2日~8日)

DSCN5905

【】 

DSCN5869

”「伝える活動」の為、一時朝倉市に戻る”

DSCN5890

 ”広島からリトルツイッタ-のメンバーが来てくれコーヒー支援を行う”

DSCN5927

茨木市長へ挨拶参り”

【今週の活動】

7月2日(月)大阪~朝倉に移動 

      JA朝倉市で「伝える活動」(朝倉市

      杷木ベースで情報共有(朝倉市) 

      朝倉市~大阪に移動開始

7月3日(火)茨木ベース到着 古曾部ベースの運営サポート(高槻市

      避難所などでコーヒ―支援の調整(高槻市) 

7月4日(水)古曾部ベースの運営サポート(高槻市

      マッサージ支援の調整(高槻市

      高所作業の為の安全講習会(茨木市

7月5日(木) 茨木市長へに挨拶訪問(茨木市

      高槻市茨木市など吉田さん(OJ)と巡回 

      OSN主催の情報共有会議に出席(茨木市

7月6日(金)高槻市社協で会議(高槻市) 

      茨木ベースで打ち合わせ(茨木市

      吹田ベースのオーナーに挨拶(吹田市

7月7日(土)

7月8日(日)

【今後の活動予定】

「時間の経過と共に変化する状況」(6月25日~7月1日)

DSCN5838

【時間の経過と共に変化する状況】

発災から1週間が経ち、少しづつ被害が見えてきた今回の「静かな災害」と同時に今回の災害の課題や今後の問題点なども浮き彫りになってきました。

 屋根の小さな被害が時間の経過と共に家屋のダメージを拡大し、困窮世帯や高齢者世帯の環境を蝕んでいく今回の災害。またインパクトが少なかった今回の災害だけに、今後は支援者の方を集める事も難しくなる事が予想される中、隠れたニーズが出てきた時に対応する課題も見えて来ると予想出来ます。

 また現在の所、屋根へのブルーシート張りなどは外部支援が中心に行っていますが、今後台風や劣化など再依頼などが出た時に、どのように対応するのかも大きな課題です。

 時間が経過していく中、少しづつ問題や課題が見えてきた事により、地元社居や行政の方にも問題意識が広がってきたようで、先週と違い関係機関とお話する際に温度差が近づいた事を感じます。

 茨木市高槻市摂津市など市町村の垣根を超え、支援活動を行っていきたいと思います。

 

DSCN5810

”週末になると沢山の方が参加してくれる「茨木ベース」”

DSCN5828

”雨漏りをしているお宅にブルーシート張り”

DSCN5781

茨木市で開催されたOSN主催の情報共有会議”

 【今週の活動】

6月25日(月)OSN主催の情報共有会議に出席

6月26日(火)茨木ベースの運営サポート

       摂津市に現場調査

6月27日(水)茨木ベースの運営サポート

       OSN主催の情報共有会議に出席

6月28日(木) 茨木ベースの運営サポート

      茨木市摂津市の現場周り

6月29日(金)茨木ベース~古曾部ベース(高槻市)で運営サポート

       避難所(茨木市)へ訪問

6月30日(土)茨木ベース~古曾部ベース(高槻)で運営サポート 

7月  1日(日)茨木ベース~古曾部ベース(高槻)で運営サポート

【今後の活動予定】

 7月2日朝倉市で講演

「大阪北部地震の初動対応」(6月18日~24日)

DSCN5603

【大阪北部地震の初動対応】

18日に起きた大阪北部地震。北九州に居た私は、一度福岡の朝倉市に戻り、荷物や情報を共有し再び北上開始。

 メディアの情報では震度6弱と聞いていたので、そこまで被害はないのではないかと想像していたが。。。 あくる日から現地を周りながら感じた事は、圧倒的に数が多い。田舎と違って、密集して家屋が立ち並んでいる所での地震だけに一軒一軒の被害が小さいけれど数が多く。点在して支援が必要な方が地域に見て取れた。

 また小さな揺れのお陰で、大きな被害は少なかったものの古く高齢者のお宅などで瓦屋根がずれる等の被害が出ていた。 つまり、若く比較的新しいお宅は被害が出ておらず、翌日からは通常の生活に戻り会社などに出勤しているケースが多く。年金生活の様な高齢者で古い家屋に住んでいる住民のお宅が被害にあり、避難しているなど地域の中でも地震の影響で二分化してしまった特徴を感じました。

 また被害が小さい事により地域の中に被災者が埋もれてしまい。ニーズが出て来ない状態になっているケースもあり、支援を進めていく中で様々な課題が見えてきました。

 災害NGO結として、今回は作業の調整などを行うのではなく、行政や社協など関係機関の調整や災害VCが経ち上がって行く中での気付きなどをサポートしたいと考えています。

DSCN5569

”見えずらい被災地を走り周り状況の把握”

DSCN5606

”OSN主催の情報共有会議に出席”

DSCN5632

茨木市社会福祉協議会が開設した災害ボランティアセンター”

 

【今週の活動】

6月18日(月)北九州~吹田へ移動

6月19日(火)吹田、茨木、高槻、枚方で現地訪問(大阪)

6月20日(水)茨木、高槻を中心に社協と現地調査(大阪)

       茨木市社会福祉協議会で打ち合わせ(大阪)

6月21日(木) 茨木市吹田市高槻市で現地調査(大阪)

       茨木市高槻市社会福祉協議会で打ち合わせ(大阪) 

       OSN主催の情報共有会議に出席(大阪)

6月22日(金)技術系プロボノ「茨木ベース」の運営サポート(大阪)

       高槻市社会福祉協議会で会議(大阪)

       枚方市社会福祉協議会に訪問(大阪)

6月23日(土)技術系プロボノ「茨木ベース」の運営サポート(大阪)

       茨木市今後の打ち合わせ(大阪)

6月24日(日)技術系プロボノ「茨木ベース」の運営サポート(大阪)

 

【今後の予定】

7月2日朝倉市で講演

「日本列島梅雨入り」(6月11日~17日)

DSCN5389

【日本列島梅雨入り】

DSCN5412

”全国フォーラムに出席”

DSCN5456

”無理しない地域作りに視察”

DSCN5478

”仲間のハチドリ舎へ訪問”

【今週の活動】

6月11日(月)岐阜~東京へ移動

6月12日(火)JVORD主催「全国フォーラム」(1日目)に出席(東京)

6月13日(水)JVORD主催「全国フォーラム」(2日目)に出席(東京)

6月14日(木) 日本財団・JVORDへ訪問(東京) 

6月15日(金)東京~奈良~岡山へ移動

6月16日(土)無理しない地域作りの学校に参加(岡山)

6月17日(日)岡山~広島に移動  

       リトルツイッター、ハチドリ舎に訪問(広島) 

       広島~北九州に移動

 

【今後の活動】

 

「飛ぶ鳥後を濁さず」(6月4日~10日)

DSCN5340

【飛ぶ鳥後を濁さず!】

小屋作り、資料作り、ネットワーク作り(朝倉市)などで活動を行っている中、コツコツともやいハウスの片付けを行っています。

 約1ヶ月くらいの時間を使い、骨組まで進める事が出来ました。片付けを行っていると近所の方、地元の方、仲間が次々と顔を出してくれます。感謝。

 近所の方から存在だけでもありがたく、ここが無くなるのが寂しい気持ちを覚えるといってもらいました。 しかし、これから本格的な梅雨時期、台風時期を迎える中、拠点を片付けて置く事で、次への初動の為の体制を整える事になると思っています。

 地元の方のご厚意で使わてもらった場所だけにしっかり綺麗にしてお返ししたいと思います。 勿論 拠点が無くなったからと言って熊本から撤退するわけではなく、拠点がない中、出来る範囲で熊本とかかっていきたいと思っています。

 

DSCN5312

”もやいハウスの解体を行いながら資料作り”

DSCN5323

益城町飯野小学校で看板作り”

DSCN5348

”JA筑前あさくら農業ボランティアセンター内でネットワーク作りの打ち合わせ”

【今週の活動】

6月 4日(月)もやいハウスの解体(熊本) 

6月 5日(火)雨の中、車中で資料作り(熊本)

6月 6日(水)飯野小学校の看板作り(熊本) 

       もやいハウスの解体(熊本)

6月 7日(木)もやいハウスの解体(熊本) 

      バイクの受け取り(熊本) 

      ネットワーク作り会議に出席(朝倉市)  

6月 8日(金)朝倉市より写真パネル、ふるさと納税など資料を預かり(朝倉市

      JA筑前あさくら農業ボランティアセンターで打ち合わせ(朝倉市

      広島に向けて北上し熊本地震で共に活動した仲間と合流(広島)

6月 9日(土)大阪で西谷をpicup(大阪)

      滋賀の仲間宅へ訪問 (滋賀)

6月10日(日)滋賀~岐阜へ移動、仲間と会合 (岐阜)

      岐阜~山梨へ移動(山梨)

 

【今後の活動予定】

6月13日14日 Jvoad主催(東京)

6月20日懇親会(朝倉市

「出来る事を一つづつ!」(5月28日~6月3日)

DSCN5310

【出来る事と一つつづ!】 

 熊本地震の支援活動では、廃材を再利用して小屋を作ったり、お風呂を作ったりと活動の中に再生というメッセージを乗せ活動を続けてきました。九州北部豪雨が起きた事で一度熊本からは離れないといけないと状況になった事で、拠点にしていた「もやいハウス」の運営を継続する事が出来きなくなりました。 

 4月に入り、「もやいハウス」の片付けに力を注げる様になってきたのですが、せっかく廃材で作った「もやいハウス」の材を活かし、仮設のグランドで野球を頑張っている子ども達に小屋作りを行う事になりました。 

 2週間ほど前から少しづつ、出来るだけ父兄や子ども達がいる時に作業が進められる様に配慮して活動を続けてきました。 

 父兄の方、地元の方、熊本の方、京都の仲間、様々な方が関わってくれ個性的な手作りの小屋が完成しました。

 もやいハウスという拠点は無くなりますが、これからも出来る範囲で熊本の活動を続けていきたいと思います。  

 

DSCN5239

”毎週行われている火の国会議に出席”

DSCN5261

朝倉市情報共有会議に出席 議題はネットワークを作るか否か”

DSCN5296

”JPF主催の市町村連携研修会議に出席”

【今週の活動】

5月28日(月) もやいハウスの解体、小屋作り(熊本)

5月29日(火) もやいハウスの解体、小屋作り(熊本)

5月30日(水) 朝倉市情報共有会議の今後の打ち合わせ(朝倉市

5月31日(木)  熊本~朝倉市への資機材の回送(熊本・朝倉市

6月  1日(金) もやいハウスの解体、小屋作り(熊本)

        阿蘇市に移動 ZENメンバーと会合(熊本)

6月  2日(土) もやいハウスの解体(熊本) 

        JPF主催の市町村連携研修会に一日目出席(熊本)

6月  3日(日) JPF主催の市町村連携研修会二日目に出席(熊本) 

        小屋作り完成(熊本)

【今後の活動予定】

6月13日14日 Jvoad主催(東京)

「大好きな熊本との関わり方」(5月21日~27日)

DSCN5098

【大好きな熊本との関わり方】

2012年の九州北部豪雨で阿蘇市に約一年。その後も毎年の様に定期的に通っている阿蘇。2016年の熊本地震では、益城町を始め西原村、南阿蘇村と熊本県内で支援活動を関わる様になり、沢山の知り合いが出来ました。

 山があり、海があり、川が流れ、自然豊かな熊本。農業も盛んで食べ物も本当に美味しく、出会った住民にも毎回の様によくしてもらっている熊本。2012年から考えるとこの熊本。九州に三年以上関わっています。

 日本列島の南に位置する九州だけに、活動の拠点としては考えてしまう。熊本ですが、今後もいろんな意味で関わっていく事は間違いないと思っています。 

 個人からチームへ組織を考え、どのように動いて行くのか?どのように熊本と関わっていくのか?様々な角度から考えていきたいと思います。

 

DSCN5099

”梅雨前にバイクのタイヤ替えとメンテナス”

DSCN5121

"ひちくボランティアセンター(小野地区)へ訪問"

DSCN5206

西原村で少年野球の父兄たちと小屋作り”

 

【今週の活動】

5月21日(月) もやいハウスの片付け&小屋移設(熊本)

5月22日(火) もやいハウスの片付け&小屋移設(熊本) 

        バイクの修理の為、阿蘇市へ (熊本)

        火の国会議に出席(熊本)

5月23日(水) ひちくボランティアセンターに資機材の受け渡し(日田)

        杷木復興支援ベースで打ち合わせ(朝倉)

5月24日(木)  杷木復興支援ベースの運営サポート(朝倉市

        朝倉市に全国フォーラムの打ち合わせ(朝倉市

5月25日(金) 小屋作り(熊本)

5月26日(土) 前の為、事務作業。午後から小屋作り(熊本)

5月27日(日) 小屋作り(熊本)

 

【今後の予定】

6月2日、3日 JPFの研修に参加

6月12日、13日 Jvoad主催の全国フォーラムに出席